顎関節症とは

顎関節症は顎の関節や周囲の組織に現れる痛みや障害です。これらの総称を医学的に顎関節症と呼んでいます。

 

主な症状は、口が開かない、顎が痛い、だるい、開きにくい、顎が鳴る顎関節の雑音などがあります。顎関節症の多くは常時痛むことは少なく、顎を動かしたときの症状が大半で、顎関節の痛み、「口が開かない」、「開けにくい」や 口をあけるとき「顎が曲がる」など顎や関節の運動障害がみられます。

原因は噛み合わせ(かみ合わせ)や歯ぎしりなど様々でそれぞれにあった治療方法が必要です。 
 

①噛み合わせの治療

噛み合わせが悪く顎関節症になっている方や被せ物を入れた後から顎が痛い潟などは噛み合わせを整えることでよくなってきます。

どこでかみ合っているか調べたあと、左右均等に正常な位置で当たるように調整していきます。

②投薬による治療

痛みがある場合はまず痛みを取る治療が第一優先になります。

痛み止めや抗炎症薬を処方させていただき、顎関節の炎症自体を和らげていきます。軽い顎関節症の場合、抗炎症薬によりかなり軽減していくことが多いです。炎症が緩和され筋の緊張が緩和されると顎関節のストレスもなくなり、投薬のみで改善するケースも多いです。

ただ、骨自体に問題がある場合や関節部を形成する関節円盤がずれている場合は薬では治せません。

スプリントによる治療

歯医者のイラストスプリント
スプリント

まず、スプリントというのは顎関節症用のマウスピースのことを指しています。歯に装着するもので、装着する目的には色々なものがあります。まずは、歯ぎしりや歯をくいしばる習慣がある人がその癖を直すために使用するというものです。また、顎の筋肉の緊張や痛みを緩和する効果もあります。
また、顎の関節にある関節円盤を正常な位置に調節するために使用されます。口をあけるときにポキっと音が鳴るような症状がある人には、このスプリント療法は非常に有効です。

手術による治療

噛み合わせ治療・薬物療法・スプリント療法・などを3~6ヶ月行っても症状が改善しない場合には、口腔外科専門の病院での外科的な治療が必要となる場合もあります。

通常、数日間の入院が必要となり、多くの場合、全身麻酔により手術を行います。
手術後も顎のリハビリテーションなどが必要です。


ただし、外科的手術が必要となるのは全顎関節症患者さんの2~4%ほどで、残りの95%以上の患者さんは外科的手術無しで症状が改善します。

 

                          治療内容トップへ

青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています
青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています

Toorh Fairyとは役目を終えて外したお口の中の金属をミャンマーの学校建設や小児がんの団体に寄付することで社会貢献に役立たせるプロジェクトです。

現在青森県青森市では8件歯科医院で行われています。

青森の歯医者さん 青森駅前歯科クリニック iタウンページ
iタウンページ  青森駅前歯科   クリニック
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。