フッ素について

歯の表面を覆っているエナメル質は水晶よりも硬いとされていますが、酸の侵襲にはきわめて弱いという性質を持っています。エナメル質の96%はハイドロキシアパタイト結晶でできており、これにフッ素が作用するとフルオロアパタイトに変わり、このフルオロアパタイトは酸に強く、またハイドロキシアパタイトの結晶の欠落部分を補修するといわれています。

特に乳歯や幼若永久歯はフッ素を取り込みやすくとても効果があるといわれております。もちろん大人の方にも効果はあります。

 

方法としてはフッ素入りの歯磨き粉を使う、フッ素で洗口する、フッ素塗布するなど色々な方法があります。

 

その中でもフッ素塗布は、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。
十分な効果を得るためには、歯科医院で年3~4回塗布を行う必要があります。

フッ素塗布のためにわざわざ歯科医院に行くとなるとかなり手間がかかると思われるでしょうが、ほとんどの場合虫歯の治療や定期的なメンテナンスのついでに行われます。

虫歯予防率は約20~40%で、フッ素塗布をしている子供としていない子供では12歳の時点で平均2~4本ほどむし歯の数が違うというデータもあります。

 

当院ではフッ素塗布にとても効果があるフルオールゼリー(9000ppmF)というものを使っております。

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

 

                             トップページへ

 

                             Q&Aトップへ

 

 

 

 

                    青森の歯医者さん =青森駅前歯科クリニック=

青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています
青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています

Toorh Fairyとは役目を終えて外したお口の中の金属をミャンマーの学校建設や小児がんの団体に寄付することで社会貢献に役立たせるプロジェクトです。

現在青森県青森市では8件歯科医院で行われています。

青森の歯医者さん 青森駅前歯科クリニック iタウンページ
iタウンページ  青森駅前歯科   クリニック
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。