知覚過敏とは

歯医者のイラスト知覚過敏 歯がしみる
知覚過敏

知覚過敏とはむし歯ではないのに冷たいもので歯がしみることをいいます。

 

知覚過敏は歯の表面部分のエナメル質が傷つき、削れてしまうことによってエナメル質の下にある象牙細管→歯の神経→脳に刺激が伝わり、「ズキン!」といった歯がしみる症状へとつながります。
そして露出した部分に冷たい(温かい)飲食物、甘いもの、歯ブラシ、風などの刺激が加われば、「ズキン!」、「キーン!」、といった歯がしみる症状となるのです。

 

なぜエナメル質(セメント質)が傷つき、削れてしまうのでしょうか?
この原因は一つではなく、

・間違った歯磨きの仕方

・歯が削れやすい歯磨き粉

・歯周病の進行

・歯ぎしりやくいしばり

・噛み合わせによる不正咬合

など様々な原因が考えられます。

知覚過敏の治療

・まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。

・ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉を使用する。

・フッ化物の塗布し歯を強く硬くしていく。
・歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で削れてしまった部分をカバーする。

・歯科医院で知覚過敏専用のお薬を塗布する。

・あまりに強くしみて痛みを伴うう場合は歯の神経をとる

 

などが考えられます。

 

ただ、神経を取る治療は最終手段になりますので、けしてむし歯ではない知覚過敏では積極的に行うものではありません。どうしても痛みが取れなく生活に支障が出るときに適応されるような治療です。

 

                          治療内容トップへ

青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています
青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています

Toorh Fairyとは役目を終えて外したお口の中の金属をミャンマーの学校建設や小児がんの団体に寄付することで社会貢献に役立たせるプロジェクトです。

現在青森県青森市では8件歯科医院で行われています。

青森の歯医者さん 青森駅前歯科クリニック iタウンページ
iタウンページ  青森駅前歯科   クリニック
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。