歯周病の原因

歯医者の歯周病のイラスト1
健康な歯周組織
歯医者の歯周病イラスト2
進行した歯周病

歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌です。細菌は歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管に乗って全身に巡っていきます。

 

歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られるようになりますし、体の抵抗力が低下した時などに腫れを繰り返すこともあります。また、ひどい痛みや腫れなどの自覚し症状がない炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染を防ごうとして、骨を溶かし歯がぐらつくようになります。

歯周病の治療

①ブラッシング指導および歯石の除去

歯周病の第一の原因は口腔内のプラーク(磨き残しの汚れ)です。
ブラッシングはきちんとできているようでも100%行うことは難しいものです。
ブラッシングがきちんとできていない状態で歯周病の治療を行っても必ず再発してしまいます。
初期の段階でできるかぎり100%に近いブラッシングができるようにしましょう。
歯周病が再発した場合、歯を失うことになりますので注意が必要です。
また この段階でおおまかな歯石の除去等を行います。
歯石の除去とブラッシングを徹底して行うことにより、口腔内の歯周病細菌の数の減少が起ります。

②SRPおよび歯周外科処置

歯周病の最も基本的な治療がSRPです。
歯周病の初期治療の中で最も重要な治療です。
SRPを簡単に説明すると 歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除く治療です。
歯周ポケットが深いところには 歯肉の下に歯石がついています。
また、歯根には細菌が出す毒素が根面に浸透しています。
そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除くことが、SRPなのです。
具体的な治療方法ですが、まず 歯肉に若干の麻酔をします。
ただ 歯石を除去するだけでは 麻酔は必要ありませんが、歯周ポケットの深い部分の汚染物質を 除去するためには 麻酔をしないと取れません。

麻酔が十分に効いたところでスケーラーという器具を使って歯周ポケットに入り込んだ歯石をかき出して除去します。もちろん痛みなどもなく行える処置ですのでご安心ください。

 

その後、歯周病の重度の方は歯周外科処置に入っていきます。

メンテナンス

歯周病で重要なことは治療が終わった後のメンテナンスになります。

 

歯石は一度落としても必ずまた付着してきます。

特に歯周病の進行していた方は再び歯石がつくのが早いといわれており、再付着して時間が経過してしまうととても硬くなり落とすのに大変になってきます。

登院ではそういった方のために1ヶ月~2ヶ月でのメンテナンスをお勧めしております。

今日本では虫歯より歯周病で歯を抜かなければならないケースが多いです。メンテナンスしていくことで口臭や歯を失う原因をかなり抑えることができるのです。

こういった定期的な専門のクリーニングをPMTCといいます。

                            診療内容トップへ

青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています
青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています

Toorh Fairyとは役目を終えて外したお口の中の金属をミャンマーの学校建設や小児がんの団体に寄付することで社会貢献に役立たせるプロジェクトです。

現在青森県青森市では8件歯科医院で行われています。

青森の歯医者さん 青森駅前歯科クリニック iタウンページ
iタウンページ  青森駅前歯科   クリニック
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。