むし歯の原因

青森駅前の歯医者さん・青森駅前歯科クリニックはむし歯を逃しません

お口の中には、たくさんのばい菌(細菌)がいます。その中のミュータンス菌、ラクトバチラス菌が虫歯(う蝕)の原因と言われています。

 

この虫歯菌が食べ物のなかの砂糖を栄養に、歯の表面にネバネバした物をつくります。そのネバネバした物の中に虫歯菌や他のバイ菌が住み着き、どんどん増えていきます。

これが歯垢(プラーク)といわれるものです。
歯垢中の虫歯菌は食べ物の中の"糖分"を材料にして"酸 "を作り、次第に歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。
そして進行し穴となり虫歯となります

むし歯の進行と治療法

C0[ごく初期のむし歯]

歯医者のイラストむし歯0
C0

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

 

適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1[エナメル質のむし歯]

歯医者のイラストむし歯1
C1

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

 

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2[象牙質のむし歯]

歯医者のイラストむし歯2
C2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

 

虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3[神経まで達したむし歯]

歯医のイラストむし歯3
C3

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

 

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4[歯根まで達したむし歯]

歯医のイラストむし歯4
C4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。

 

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントで失った歯の機能の回復を図ります。

                              診療内容トップへ

青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています
青森駅前歯科クリニックはTooth Fairlyに参加しています

Toorh Fairyとは役目を終えて外したお口の中の金属をミャンマーの学校建設や小児がんの団体に寄付することで社会貢献に役立たせるプロジェクトです。

現在青森県青森市では8件歯科医院で行われています。

青森の歯医者さん 青森駅前歯科クリニック iタウンページ
iタウンページ  青森駅前歯科   クリニック
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。
青森駅前歯科クリニックでは最新の滅菌器により患者様ごとのタービン・器具の滅菌にこだわっております。